即日融資ゼロワン

即日融資ゼロワンがおすすめする、来店不要・即日融資のキャッシング会社です!もう長年やってますので、信頼と実績は充分です!ブラックの人でもOKって言われているので、お金に困った人の為にある金融会社と言えます!

炎上居酒屋から見る時代の流れとブラック即日融資

こんにちは。即日融資ゼロワンです。

2021年になり時代がどんどん進んでいます。SNSが発達している今、生身の人間との距離感が希薄になってきているのは確かです。

しかし、ブラックである管理人は思います。

近過ぎず、遠過ぎず、そういった距離感を保ことがこれからも大切なのではないか?

それはやはりネットでの関係性は無く、直接会い、話し、感じ取ることのできる人間にしかできない距離感。それを大切に考えて行きたい。

ということです。

2019年の話になりますが、ちょっとした騒ぎになっていたニュースを思い出しました。それを題材に今回言いたいことを主張していきたいと思います。

ノリの精神がもたらす弊害

コロナ禍前のお話になるのですが、ちょっとした居酒屋のやり方に批判的なツイートが話題になっていました。

東京の笹塚にある居酒屋に張ってあった貼り紙を巡り、批判合戦が起きているというのです。

それが、「当店は笹塚で唯一の“すいませ〜ん”禁止店。スタッフを呼ぶ時は名前で呼んでもらうと嬉しいです。女の子は○○ちゃん。男のスタッフは呼び捨てで結構です」というものです。さて、これブラックの皆さんはどう思うでしょうか。

店鋪によるとこのやり方は、お店ではなくスタッフに客がつくように仕向けたもの…ということですが、キャバクラでもホストでもなくただの居酒屋ですのでやり過ぎかな…という感じも否めません。

恐らく、大学のサークルノリでやった方が面白いという感じの、“ウェーイ!”な感じでやっていたのでしょう。

ツイッターで大荒れ!

正直、この店がこうしてほしいというのですから、それはその店のやり方です。行くお客さんが面倒であれば放っておけば良いだけの話ですし、そこで飲みたければ従えばよいだけでしょう。

ただ、こういった時代です。

ツイッターなどSNSで炎上なのです。

“まじ、この店なに?めんどうくせえわ”と画像つきで投稿されたらさあ大変。

“は?ここバカじゃね!?”など、いろいろと批判的なコメントがよせられる結果となっていったのです。まさに時代の弊害。このような匿名で悪口・陰口を言う行為は私は嫌いです。

別に全員が名前で呼ぶことに抵抗があったわけではないと思います。

ただただ、気持ち悪い…ということで批判するのを良しとする世界なのではないでしょうか。

私即日融資ゼロワン管理人は、正直こういった世界観はちょっと苦手です。仲間内であればいいでしょうが、何となく真剣な話を仲間としたいと思っているグループの人たちに強要するのはちょっと…と思ってしまいます。

そもそも日本人として、苗字を大切にしてほしいのです。現代の若者たちは下の名前で気やすく呼ぶことが当たり前になっているようですが、私はそれは拒否します。

下の名前で呼ぶより、名字で○○くん・○○さんと呼びたいのです。それで苗字の大切さを分かってほしいと思い、若い後輩などには伝えています。

しかしTwitterで批判する事の方がもっと嫌ですが。

気やすく呼ぶことは良いとは思えない

さて、このサイトはブラックでも即日融資の街金についてお伝えしていますので、この居酒屋について言及する気はありません。しかし、ちょっと通じるものがあるのでお伝えしたかったのです。

例えば、私たちブラックは闇金の魔の手に引っかかりそうな状況に最も近い場所にいる人間です。

そのため、常に警戒心を持って街金を選んでいます。できるだけあやしいところは避け、当サイトで紹介しているような街金を利用したいと考えているでしょう。

さて、数ある街金の中でいきなり担当者の名前を親しげに呼んでほしい、というところがあったらどうでしょう。

は?と思いませんか。特に、男性社員は呼び捨てでよろしくです…というのは謎極まりないでしょう。

例えば、佐々木さんという担当者だったとしたら、“すみません。○○ですが、佐々木いますか?”とか、お前どうなってんねん…という感じです。

さらに、居酒屋方式であれば女の子はちゃんづけです。

担当がまりなという名前の人だったら、“すみません。返済のお願いなのですが、まりなちゃんいますか?”って…

“お前、ブラック金貸しに電話かけてて頭おかしいのかよ”と思ってしまう人の方が多いでしょう。

そもそも、そんな場所で借りたいと思いませんし、絶対にいかれている…ということは間違いありません。この居酒屋も、何か勘違いをしているようです。

ノリでやっても良いことは無い

結果、こういった居酒屋のやり方は体育会系、大学のサークルの延長線上なわけです。

ノリが良ければよくね!?お客さん楽しい方が良くね!?という、頭の中が空っぽなバカなヤツばかりが集まっている場所ということです。

結果的にバカな客しか来なければ良いのですが、あくまでここはオープンになっている居酒屋です。さまざまなお客さんがやってきますし、一見様だった数多く来店するでしょう。

そこで、こんなことを強要され、挙げ句の果てにそこそこの値段を取られるとなればぼったくりとしか言いようがありません。サークルノリの連中は、大抵は上がバカで下の連中を騙して儲けたいという策士たちです。

早稲田大学のスーパーフリー事件を思い出してみればわかりますが、皆仲良し、ぶち上げイベントぉぉ!といって、レイプなどを繰り返してどうしようもないことをし続けていました。会費などそこそこもらっているので裕福だったことでしょう。

スーパーフリー事件(スーパーフリーじけん)は、早稲田大学のイベントサークルを舞台にして組織的に行われた大規模な輪姦事件。

早稲田大学の公認インカレサークル「スーパーフリー」のメンバーである大学生らは、1998年4月頃から常習的に女子大生らへ輪姦を行っていた。輪姦された女性の数は数百人以上に上る。2003年5月18日に警察に被害届が出されたことで発覚した。早稲田大学の他にも東京大学、慶應義塾大学、法政大学、学習院大学、日本大学といった首都圏の名門大学出身の学生ら合わせて14人が準強姦罪で実刑判決を受けた。

この事件は重大な社会的波紋を呼び、2004年の集団強姦罪・集団強姦致死傷罪の創設につながった。

結果、こういったところは体育会系ノリであの居酒屋に近しい部分があるのです。気安さは時に事件にもなる‥と思ってください。

ブラックこそ誠実に、真面目に!

大抵、世の中に旨い話はありません。

見ず知らずのオッサンに、○○ちゃん呼ばわりして客につけ…というのは、間違いなくキャバクラや風俗などそういった戦法と一緒。

そんなところに騙されている脳内寄生虫だらけのオッサンと我々ブラックは一緒ではないのです。

私たちは、ブラックでありながらも即日融資でどうにか生きている人間。その辺のお金持ち・頭お花畑の人間よりもワンランクもツーランクも上の人間です。

ぜひ時代の流れと共にブラックでも即日融資の街金で人生を立て直していきましょう。

無審査(審査が甘い)キャッシング!